緊急開催!最高裁判例から同一労働同一賃金の対応を分析!

緊急開催!最高裁判例から同一労働同一賃金の対応を分析!

 

ついに「同一労働同一賃金」の最高裁判例が!!

企業側の弁護士が判例を分析し
今後の対策をいち早く解説!!

同一労働同一賃金をめぐる混乱

中小企業にとって「同一労働同一賃金」の施行開始は来年の4月です。
施行後は、正規社員と非正規社員の間の「不合理な格差」は違法になります。

不合理な格差がある場合には、就業規則や賃金規程を修正する必要があるでしょう。

しかし、ここで大きな問題があります。
“「不合理な格差」の基準が明確ではない。”ということです。

厚生労働省が開示した「ガイドライン」は基準として厳しすぎることが指摘されています。
地方裁判所・高等裁判所の判決は判断はバラバラです。統一した基準を見出すことができていません。
いわば、中小企業は4月からの施行が迫る中、「判断基準」が見えない暗闇の中に立たされているのです。

今後の指針となる最高裁判例

このような混乱の状況の中、最高裁が、ついに「同一労働同一賃金」に関する判断を示しました。
10月13日と10月15日に出た5つの判例です。

気を付けていただきたいのは、この判例の結論だけを見て、自社にあてはめようとしないことです。
この判例を分析・理解してこそ、ようやく「判断基準」が見えてくるのです。

 

本セミナーでは、企業側の労務問題に注力してきた弁護士法人フルサポートの代表弁護士・西面将樹が、これらの判例を分析し、対策・対応を検討し、いち早く、皆様にお届けいたします。

本判決の分析を理解して、来年の4月までに、就業規則や賃金規定に反映させることが企業には必須といえます。
本セミナーでは、実務的な見地から本判決を分析し、何を対策すればよいかに焦点をあてて、わかりやすく解説を行います。

 

緊急開催!無料オンラインセミナー
最高裁判例から同一労働同一賃金の対応を分析!

日時

①11月11日(水) 16時00分~16時45分(15時45分からアクセス可能)

②11月13日(金) 16時00分~16時45分(15時45分からアクセス可能)

※2つの日程の内容は同じものです。
 30分の講義の後、10分程度の質疑応答を予定しています。

方法

Webセミナー
※カメラとマイクは不要です。
※キーボード入力による質問を受け付けています。
※下記フォームから申込みいただいた方に、アクセス先のアドレスを送付いたします。

参加費

無料

講師

弁護士 西面将樹

対象者

経営者・管理職
社会保険労務士

参加特典

30分のオンライン相談
※後日、希望者のみ

無料オンラインセミナーのお申し込み

受講までの流れ

1 下の「お申込みフォーム」より必要事項へご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

2 受付完了後、「受付完了メール」を当事務所より配信いたします。

3 開催日が迫りましたら、お申込みの際にご登録いただきましたメールアドレスへ、「受講用URL」を送りいたします。

4 セミナー当日は、「受講用URL」を、お持ちのパソコン・スマートフォンからクリックしてください。

 

 

メールマガジン登録

法律や話題のニュースを
弁護士の視点で解説。
無料メルマガの登録はこちら。
プライバシーポリシーに同意の上、登録してください。

企業法務の取扱い分野