「カスハラから社員と会社を守る方法」無料ウェブセミナー

「カスハラから社員と会社を守る方法」無料ウェブセミナー

「カスハラから社員と会社を守る方法」無料ウェブセミナー

カスタマー(顧客)によるハラスメントの増加が近年社会問題のひとつとなっています。

カスハラとは、根拠のない過剰な要求や、暴力的・侮辱的な方法による要求などが挙げられます。
カスハラは小売業だけの問題ではありません。一般顧客との間だけではなく、企業間の取引においても生じることがあるからです。
このような社会問題に対して、東京都は「カスタマーハラスメント防止条例」の制定に取り組みを始めるなど、様々な動きが出ています。

会社は、カスタマーハラスメントにうまく対応して、会社を守るとともに、現場の社員を守る必要があります。
社員をうまく守れなかった場合は、安全配慮義務の不履行として、社員から賠償請求をされることもあります。そのような状態に陥らないためには、事前の対策こそが重要です。

本セミナーでは、企業側の弁護士が、「カスハラから社員と会社を守る方法」を解説いたします。

日時

ライブ配信

①2024年9月2日(月)  16時~17時00分(15時45分からアクセス可能)

 50分ほどの講義の後、10分程度の質疑応答を予定しています。

録画配信

②2024年9月5日(木)  16時~17時00分(15時45分からアクセス可能)

③2024年9月9日(月)  16時~17時00分(15時45分からアクセス可能)

④2024年9月11日(水)  16時~17時00分(15時45分からアクセス可能)

 録画配信では、質疑応答はありません。

 ①~④の講義の内容は同じです。

方法

Webセミナー
※カメラとマイクは不要です。
※キーボード入力による質問を受け付けています。
※下記フォームから申込みいただいた方に、アクセス先のアドレスを送付いたします。

参加費

無料

講師

弁護士 西面将樹

対象者

経営者・管理職
社会保険労務士・税理士

参加特典

オンライン相談
※後日、希望者のみ(初回相談は無料)

 

お申し込みフォーム

下記フォームにご記入の上、フォーム下部の「送信」ボタンを押してください。

企業法務の取扱い分野