派遣会社へ「同一労働同一賃金(労使協定方式)の対応サポート」

派遣会社へ「同一労働同一賃金(労使協定方式)の対応サポート」

当事務所では、派遣会社に向けて、「同一労働同一賃金(労使協定方式)のサポート」をしております。

労使協定方式

派遣社員の同一労働同一賃金が2020年4月1日より、施行されます。
ほとんどの派遣会社は、「労使協定方式」を選ぶことになるでしょう。その場合、派遣会社は、6月末日までに提出する事業報告書に「労使協定」を添付する必要があります。

しかし、労使協定方式で決めなければならないものはいくつもあります。

①労使協定の対象となる派遣労働者の範囲

②賃金の決定方法

③派遣労働者の職務の内容、成果、意欲、能力又は経験等を公正に評価して賃金を決定すること

④「労使協定の対象とならない待遇(教育訓練及び福利厚生施設)及び賃金」を除く待遇の決定方法

⑤派遣労働者に対して段階的・計画的な教育訓練を実施すること

⑥その他の事項

また、労使協定方式が適法なものでない場合は、以下のおそれがあります。

・労使協定方式の内容に不備があると,労働局から指導される
・労働者代表の選び方が不適切で,派遣社員から損害賠償請求を受ける
・労働者に対する説明義務が果たされておらず,派遣社員から損害賠償請求を受ける……など

このような指導・請求を受けないためには、適法な労使協定方式を結んでおくことが大切です。

 

労使協定の作成

弁護士法人フルサポートでは、派遣の同一労働同一賃金へ向けて「労使協定方式」の文案作成のサービスを提供しております。

1年間の顧問契約(月5万円~)を前提としたサービスとなっておりますが、ご興味のある方は以下のフォームから、またはお電話でご相談をお申込みください。

お申し込みフォーム

メールマガジン登録

法律や話題のニュースを
弁護士の視点で解説。
無料メルマガの登録はこちら。
プライバシーポリシーに同意の上、登録してください。

企業法務の取扱い分野