2020年2月19日・20日開催 名古屋・岐阜「同一労働同一賃金対応セミナー」

2020年2月19日・20日開催 名古屋・岐阜「同一労働同一賃金対応セミナー」

名古屋・岐阜「同一労働同一賃金対応セミナー」

セミナー終了のお知らせ

同一労働同一賃金セミナーは合計60人を超えるご参加をいただき、好評のうちに終了しました。
ご参加の皆さまに、取り急ぎお礼申し上げます。

また、次回セミナーとして経営者向けに「現代型問題社員の対応セミナー」を準備しております。
皆さまのご参加をお待ちしております。

現代型問題社員セミナー

セミナー参加者のご感想

 

以下は既に終了したセミナーの内容です。

ガイドラインを信じるな?

2019年4月1日より、中小企業に対しても、派遣労働者に関する「同一労働同一賃金」の施行が始まります。
さらに1年後には、正社員と非正社員の間での「同一労働同一賃金」も施行されます。

このように、「同一労働同一賃金」の対策・対応の必要性は目前に迫っています。
しかし、同制度に関する議論は錯綜しており、どのような対策・対応が必要なのか分からない方も多いのではないかと思います。実は、混乱の一因となっているのが「ガイドライン」の内容なのです。

本セミナーでは、ガイドラインを読むだけでは分からない「同一労働同一賃金」への対策・対応について、わかりやすく解説いたします。

キーワードは、「ガイドラインを信じるな?」です。

※本セミナーは社会保険労務士の先生向けの内容ですが、企業の方も参加可能です。

日時

①岐阜会場
 2月19日(水) 15時30分~17時(15時開場)

②名古屋会場
 2月20日(木) 15時30分~17時(15時開場)

場所

①岐阜会場
 じゅうろくプラザ 小会議室1(5F)
 (JR岐阜駅から徒歩2分)

②名古屋会場
 TKPガーデンシティPREMIUM名駅西口
 スピカ(2F)
 (名古屋駅新太閤通口からすぐ)

 ※お申込多数のため、名古屋会場が上記に変更となっております。(2020年1月23日)

参加費

3,000円

講師

弁護士 西面将樹 
弁護士・元社労士 新海久美子
弁護士 渡邉淳一

対象者

社会保険労務士
経営者・管理職

セミナー内容(予定)

  • ガイドラインを鵜呑みにする必要はない
  • 同一労働同一賃金への実践的な対応
  • 派遣労働者に関する同一労働同一賃金
  • 労使協定方式の注意点
  • 就業規則はどう修正するべきか

 

セミナー参加特典

  1. セミナー終了後に会場での無料相談
  2. 弁護士の往訪による無料相談
  3. (参加者が社労士の先生の場合)クライアント様の無料法律相談

 

セミナーは好評のうちに終了いたしました。

メールマガジン登録

法律や話題のニュースを
弁護士の視点で解説。
無料メルマガの登録はこちら。
プライバシーポリシーに同意の上、登録してください。

企業法務の取扱い分野